•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    父親が早くに亡くなり、母親は今日まで根尾あかりを女手ひとつで懸命に育ててきた。美玲さんは母親が自分のために多くの犠牲を払ってきたことを知っているので、母親にも幸せになってほしいと願っています。そして母親が根尾あかりを、やがて父親となる人に紹介したとき、根尾あかりはその男に対してとても奇妙な感情を抱いた。彼女の直感通り、彼は人間の姿をした動物だった。母親が家を空けている間に根尾あかりの体を暴力で押さえつけ乗っ取った。足も弱く腕も柔らかい女子生徒は、どうやって男の手から逃れることができたのでしょうか?根尾あかりは助けを求めて叫ぶことしかできなかった。しかし、母の幸せそうな笑顔を見て、根尾あかりは歯を食いしばって耐え、来る日も来る日も母の変態的な要求を全て受け入れて犯させてもらうことにした…。