•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    ある時、彼女の家に遊びに行ったときに、本を片手に知識を愛する少女のような、あどけなさが残る眼鏡をかけた美しく優しそうな妹を紹介されたのですが、そんなことをささやくなんて信じられませんでした。言葉を手に、エロティックな招待状